タイムパラドクスゴーストライター

タイムパラドクスゴーストライター感想9話ネタバレ!ホワイトナイトを継続できる!?

この記事では「タイムパラドクスゴーストライター」の第9話の感想とネタバレについて書いていきます!

タイムパラドクスゴーストライターの内容を知りたい!

・・・けどジャンプを買うのがめんどくさい(苦笑)

と言う方に向けて内容がわかるように記載していきます!

タイムパラドクスゴーストライター9話前までのあらすじ!

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

ゴダイゴ
ゴダイゴ
これまでの9話より前までのあらすじはこんな感じでした!
9話前までのあらすじ
  • 主人公が描いているマンガ「ホワイトナイト」の連載開始
  • アニメ化も決定
  • 届かなくなった未来からのジャンプが再度届いた!
    ・・・しかし、その中には「ホワイトナイト」を描いていたアイノイツキが急逝したと言う一文が。
  • 冷蔵庫に「ホワイトナイトを継続させ、アイノイツキを救って」とメッセージが・・・
  • アイノイツキが連載する「ANIMA」に「ホワイトナイト」が勝たないと、アイノイツキが死んでしまうと言うメッセージ
  • 主人公佐々木哲平は決意して続編を描き始めるのであった

と言うことで、第9話の内容について紹介していきます!

タイムパラドクスゴーストライター9話の内容!

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

ゴダイゴ
ゴダイゴ
タイムパラドクスゴーストライター9話の感想とネタバレはこんな感じでまとめます!
タイムパラドクスゴーストライター9話感想とネタバレの内容
  • 続きは受け入れられたのか?
  • 未来からのメッセージは本当だったのか??
  • アイノイツキはANIMAを連載した??

この3つのポイントについて紹介していきます。

タイムパラドクスゴーストライター9話のネタバレ:続きは受け入れられたのか?

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

もうホワイトナイトの続編、46話からは未来から届くことがなくなってしまった・・・

そんな佐々木哲平に未来からのメッセージ

ままままもなく

【イツキチャン]》は新作品

– ANIMA –

を連載開始させします

[佐々々々木哲平』は

ホワイトナイトを継続させせ。

【イツキチャン]》に勝ってください

あなたの敗北は彼女の死

を受け取って自分自身で続編を描きます!

45話までの話を読み込んで読み込んで・・・アイノイツキだったらどう描くか?考えに考え抜いて描きました。

前回の8話とは違った主人公佐々木哲平の目つきと、この46話を渡す手の震えからその本気度が伺えますね。

そんな続編の46話は担当者に受け入れられたのでしょうか?

結果は・・・

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

残念ながらイマイチの評価となってしまいました・・・

ただ、全然ダメという感じではなくもう一歩足りない。という反応でした。

10年後のアイノイツキには程遠く、追いついていないということを実感させられました。

タイムパラドクスゴーストライター9話のネタバレ:未来からのメッセージは本当だったのか?

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

この辺りから佐々木哲平は8話に来た未来からのメッセージに対して、疑いを持ち始めます。

・・・そのメッセージを確認する方法があったのです。

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

そうですメッセージと一緒に送られてきた、宝くじの当選番号の結果ですね。

この番号ですが・・・

合っていました。

これで未来からのメッセージを信じざるを得なくなった主人公。

更なる出来事が佐々木哲平に起こります・・・

タイムパラドクスゴーストライター9話のネタバレ:アイノイツキはANIMAを連載した?

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

なんと現在のアシスタントである藍野さん(未来のアイノイツキ)のスケッチブックから、未来のメッセージで言っていた「ANIMA」の表紙が見えたのです。

訳がわからず、「やめてしまえ」と言ってくる幻影と戦いながら漫画を描き続ける佐々木哲平。

その半年後・・・藍野さんはアイノイツキとしてANIMAの連載を勝ち取り、佐々木哲平のアシスタントから漫画家として独立します。

ここから主人公佐々木哲平と本当の天才漫画家アイノイツキとの戦いとなるのです。

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

主人公佐々木哲平は天才漫画家アイノイツキに勝つことができるのでしょうか!?

今後の話が気になります。

タイムパラドクスゴーストライター9話ネタバレ!ホワイトナイトを継続させることができる!?まとめ

引用:市真ケンジ先生・伊達恒大先生

いかがでしたでしょうか!?

今回の第9話から主人公の佐々木哲平の目つきがグワっと変わりましたね!

最後のこの握手でもボロボロの手で漫画を描いていることがわかります。

そして気になるのが・・・

半年経っているというところです。

つまり46話以降は担当者にある程度受け入れられたということになります。

必死で佐々木哲平が描いていったからでしょうか?

その部分の詳細も今後出てくるかもしれませんね!!

佐々木哲平とアイノイツキの漫画対決はどうなるのでしょうか!?

目が離せませんね♪

 

◀︎前の話を読む  次の話を読む▶︎

タイムパラドクスゴーストライターまとめ表

8話 9話 10話

 

アイキャッチ画像引用:市真ケンジ・伊達恒大